2009年07月31日

ブログ塾 第14回 「他のブログからリンクしてもらおう」

ロボット型の検索エンジンでは、どこからどうリンクされているかという外部要素が検索結果の表示順位で重要な要素になっています。

本日は、外部要素を最適化してアクセスアップに繋げる方法について解説します。

■キーワードがリンク文字列に使われるようにしよう

ロボット型の検索エンジンで上位表示されるには、他のブログ・Webサイトから自分のブログに張られているリンク文字列が重要です。

1.ブログのタイトルにキーワードを使う

例えば、他のブログ・Webサイトから「熱帯魚」というキーワードでリンクされていれば、その自分のブログのタイトルに「熱帯魚」のキーワードが使われていれば、上位表示されやすくなります。そのためには、あらかじめ、ブログのタイトルには上位表示されやすいキーワードを使うようにします。


2.他のブログ・Webサイトから「テキスト」でリンクしてもらう

検索ロボットは、文字列しか収集しないので、リンクしてもらう際には、バナーなどの画像ではなく、テキスト(文字)でリンクしてもらうようにします。


3.自分の記事を紹介する場合も注意しよう

検索ロボットは、自分の書いた記事でも1つのページとして認識します。
そのため、自分のブログの中で、自分の書いた記事へのリンクを作成する際も、「詳細はこのページ」などではなく、「熱帯魚の詳細」などのようにキーワードを入れるようにするとよいでしょう。

■外部要素では外部からリンクされている数と質も重要

外部要素ではブログ・Webサイトからのリンクが重要ですが、どんなブログ・Webサイトからのリンクでも等しく評価されているわけではありません。次の歩イントを押さえて、リンクしてもらいましょう。

1.リンクしてもらうブログ・Webサイトの数は多い方がよい
2.リンクしてもらうブログ・Webサイトの質は高い方がよい
3.リンク元のリンク数でも価値は変わる

次回は、外部からリンクされている数をもっと増加させる方法を紹介します。

↓気に入ったら、ポちっと押して下さい。by ととし
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村
posted by ととし at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ブログ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ブログ塾 第13回「キーワードの最適化で上位表示を狙うテクニック」

本日は、ブログのタイトル、記事のタイトルなどの内部要素を最適化するテクニックについて紹介します。

■ブログのタイトルは抽象的、記事のタイトルは具体的にする

ブログのタイトルはブログのテーマを表しています。
ブログのテーマは、専門化しすぎるとよくないため、例えば、
「○○○製のH001の最安値」などの具体的なキーワードを使用せずに「デジタルカメラ」などのように、ある程度、抽象的なキーワードを使うようにします。

逆に記事のタイトルは、購入率・リピーター率を上げるために、「商品名」「型番」「企業名」などの具体的なキーワードを使うようにするとよいでしょう。


■ブログのタイトルや記事のタイトルに入れるキーワードは、
 1〜2個に絞る

キーワードの数が増えると、その分だけ、価値が分散されるので、ブログのタイトルやブログの記事を使うキーワードは1個か2個に絞るとよいでしょう。

また、ブログのタイトルや記事のタイトルは、検索ロボットだけではなくて、人にも見られるので、インパクトを付けることも大切です。

なお、ブログのタイトルは頻繁に変えることができないので、上位表示させたいキーワードを厳選して使うようにします。

■記事のタイトルに使うキーワードは目的に応じて使い分ける

記事はいくつも書くことができ、やり直すこともできます。
そのため、ブログのタイトルとは異なり、記事のタイトルは、購入率やリピーター率を上げるなどの目的によって、キーワードを使い分けるようにします。

なお、検索ロボットは、タイトルと本文のキーワードが一致しているのかどうかなどを確認しているので、記事の内容とまったく異なるキーワードは使わないようにします。

■本文中のキーワードは意識しない方がベター

検索ロボットは、ページ中の「キーワードの出現率」などを判断しています。そのため、上位表示させたいキーワードを頻繁に使うと、重要度が増して、そのキーワードで上位表示されやすくなりますが、度を越すとスパムと認定されて逆に順位を下げることがあるので、本文はあくまで自然に記事を書くことが大切です。

↓気に入ったら、ポちっと押して下さい。by ととし
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村
posted by ととし at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

ブログ塾 第12回「アクセスアップに繋がるキーワードの見つけ方」

ただ、やみくもにアクセスアップ、売上アップに繋がるキーワードを探しても手間がかかるだけで、効果がない場合が多くなります。

本日は、どのようなキーワードを使えば、アクセスアップ、売上アップに繋げることができるのかを見つける方法を紹介します。

■アクセス解析とASP管理画面で需要を探る

アクセス解析を利用すると、ブログがどのようなキーワードで検索されているのかがわかります。そこで、ブログにアクセス解析を設置し、さまざまな記事を書いてどのキーワードを使えばアクセスアップするのかを調べると、アクセスアップにつながりやすいキーワードを見つけることができます。また、アクセス解析とASP管理画面と見比べて、どのキーワードが成果に繋がるのかを調べるのも効果的です。

■過去の傾向からキーワードを探すテクニック

キーワードアドバイスツールプラスを利用すれば、複合キーワードや類似のキーワードを探すことができます。

【キーワードアドバイスツールプラス】

URL:http://www.muryoutouroku.com/seo/keyplus1.html

キーワードアドバイスツールプラスは、Overtureで提供されているキーワードアドバイスツールをさらに発展させ、アクセスアップに
役立つツールとして開発、無料で公開しています。


キーワードアドバイスツールプラスでは、GoogleとYahoo!における月間検索回数、検索回数と検索結果件数からはじき出されるKEI(キーワード有効性指標)を一覧表示しています。

KEI(キーワード有効性指標)が大きいほど、上位表示されやすく、
アクセスアップに有利な「狙い目」のキーワードになります。

[月間検索回数が多い]
 多くの人がそのキーワードのホームページを探している

[検索結果数が少ない]
 ライバルが少なく、上位表示を狙いやすい

アクセスアップを狙う場合は、月間検索数(予測値)が多いキーワードを使うとよいでしょう。

ただし、月間検索数が多くても競争率の高いキーワードは上位表示できないのでアクセスアップできませんし、逆に少なくても売上に繋がるキーワードもあるので注意が必要です。

↓気に入ったら、ポちっと押して下さい。by ととし
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村
posted by ととし at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。