2009年10月14日

ネットショップ成功塾 応用編 第5話

■PPC広告の仕組み
 
 PPC広告は、「キーワード連動型クリック課金広告」と呼ばれています。

 代表的なものに

 1.Googleのアドワーズ広告 1クリック7円からの入札制
 2.Yahoo!JAPANのオーバーチュア 1クリック1部ワード9円からと全ワード35円からの入札制
   (2009/10/1からヤフー株式会社とオーバーチュア株式会社が合併し、「Yahoo!JAPAN リスティング広告」と名称変更しました。)

 が有名です。

 広告を出す側があらかじめキーワードを選んで登録しておくと、ユーザーがそのキーワードを入力して検索したときに、広告が表示されます。

 例えば、「花」「バラ」「ガーデニング」などのキーワードを選んで登録しておきます。基本的には3つの内のいずれかのキーワードを選んだ人には広告が表示されますが、「ユリ」「ヒマワリ」で検索した人には広告が表示されません。
 その際、表示されるだけでは、一切料金がかからず、クリックされた時のみ広告料金が発生されます。たとえ購入に至らなくても、クリックされただけでも広告料金が発生しますので、購入に結びつくようなキーワードを設定し広告文でアピールするかが大切になってきます。

■ディレクトリ登録は5万円は必要経費と割り切る

 最大手のYahoo!JAPANの「ビジネスエクスプレス」というサービスは、ディレクトリ登録によって得られる集客効果が高く、登録審査料(52500円)を支払えば、登録審査をしてくれます。審査に合格した場合、カテゴリにディレクトリ登録され、不備があった場合は、修正すべき点を通知してくれます。

 不備を修正し、30日以内に再申請すると、よほどの問題がない限りは追加費用なしで登録されることがほとんどです。しかし、あくまでの有料登録審査サービスであって、登録の保障はしておりません。

■SEO(検索エンジン最適化)

 一方、Googleなどのロボット型検索エンジンは、ロボットが世界中のサイトを自動巡回してインデックス化し、順位を付けて表示します。

 そこで順位付けの仕組みを調べ、なるべく上位表示されやすいホームページを目指すのがSEOです。ユーザーがロボット型の検索エンジンで商品を探す場合に、検索結果の上位に表示されれば、目に止まる確率が高く、訪問してくれる可能性が大きくなるからです。

■上記の3段階の鉄壁な守りで見込み客を根こそぎ頂こう!

 PPC広告、ディレクトリ登録、SEO対策の3つを有効に組み合わせて利用すれば、新規顧客の大幅な獲得増に繋がります。

以下のサービスも参考にして下さい。 by ととし

*-- コンサルティングサービス ---------------------------------*

 1.ディレクトリ登録代行サービス

   国内検索エンジンシェアNO.1のYahoo!JAPANに上位表示するためには、Yahoo!JAPANのディレクトリ(カテゴリ)登録する必要があります。
  そこで、ディレクトリ登録を審査を通過するための支援サービスとして次の「ホームページ登録ドットコム」に登録されることをお勧め致します。

  【サービス内容】

   1)全ページをくまなくチェックし、99%の審査通過を支援致します。
   2)適切なディレクトリを選択し、登録申請します。
   3)SEO対策を考慮したタイトル・説明文を作成します。

   詳しい説明は、下記のサイトをクリックして下さい。

   http://www.hptouroku.com/?a=actylive

 2.Webコンサルティングサービス

   HP診断で気づかない問題点をアドバイスする、「HP売り上げプラス」をご提供いたします。目標を設定し、分析ツールなど6つの診断項目からアドバイスしてくれます。

   詳しい説明は、下記のサイトをクリックして下さい。

   http://www.hpuriageplus.com/?a=actylive

*-------------------------------------------------------------*
posted by ととし at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 副業力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ネットショップ成功塾 応用編 第4話

【第4話】
 検索エンジン経由のお客さんを取り込め!

■新規顧客のほとんどが検索エンジン経由のお客さん
 
 ネットショップを利用するお客さんの購入ルートを調べた過去の調査結果が次に記載するものです。

 1位:検索エンジンで探して
 2位:以前購入した店舗で
 3位:オークションで
 4位:メルマガ・DMで
 5位:モールで
 6位:共同購入で
 7位:その他

ほとんどが検索エンジンを利用する新規顧客であると、調査結果から出ています。

 新規顧客に関しては、検索エンジンを利用して商品探しをする人がかなり多いと推測されます。

 検索エンジンを利用した広告手法は、
 1.PPC広告
 2.Yahoo!JAPANのビジネスエクスプレスのディレクトリ登録
 3.SEO対策

 が3本柱となります。

■検索エンジン以外でも集客力のある広告はある

 3位のオークションは、駆け引きを楽しむもの好きといった理由で一定の利用者があり、集客力も相当あります。

 オークション・サイトといえば、Yahoo!JAPANですが、出品コストが安い点も魅力です。

 4位のメルマガ・DMは、低コストで膨大な数を配信できるという点が魅力です。また、PPC広告やオークションが「即効性」の広告手段なのに対して、メルマガなどは、「持続性」効果があります。

 内容を指示されて固定ファンとして楽しんでもらえれば、毎回は無理にしても思い出したように買ってくれるお客さんが増えてきます。

 広告宣伝では、商材の特性や負担できる広告宣伝費に応じて、
「即効性」と「持続性」の2つ広告手段を併用していくことも有効です。
 通常は、「持続性」の広告で努力を続け、新商品や季節商品には、「即効性」のある広告で強化するのです。

 5位のモールは、本来の効果はもう少し高いはずです。楽天などの有名モールとなるとブランド力もあり、「モールでしか買わない」という人もいます。月額5万円前後の経費がかかるというデメリットもありますので、商材やショップの規模によって、出店するかどうかを決めましょう。

by ととし
posted by ととし at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 副業力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

ネットショップ成功塾 応用編 第3話

【第3話】
 リピーターを養成する商品戦略

■プレゼントや優待セールにもいろんな手段がある
 
 ネットショップの多くが様々なサービスを企画し、新規の集客に役立てたり、常連客に飽きを感じさせない努力をしています。そのようなサービスには、次のようなものがあります。

 1)無料のプレゼント企画
 2)初めて買ったお客さんのための割引
 3)リピーターに向けた優待割引
 4)クーポンやマイレージポイントの配給
 5)「受注生産の特注味噌」などの特別商品の案内
 6)「特別感謝祭」などの安売りセール

 このうち、1)2)は、新規獲得をするためのサービスです。
 3)〜6)は、リピーターを逃がさないための「囲い込み作戦」です。 また、VIP感覚をもってもらい、上得意として定着してもらうのが目的です。
 「無料のプレゼント企画」などは、懸賞サイトなどに、
 「プレゼントが当たりますからご来店下さい」と告知し、集客する狙いがあります。

  さらにプレゼントに応募したお客さんのアドレスを集め、自社メルマガを送付する顧客リスト作りにも役立てられます。

次回に続く。

by ととし
posted by ととし at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 副業力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。