2009年10月17日

ネットショップ成功塾 応用編 第6話

【第6話】
 一度、低予算で広告を打ってみよう!

■テストマーケティングの勧め
 
 ネットショップを開店しても、そのまま待っているだけでは、ほとんど売り上げが伸びません。現在、ネットショップを運営していない業者を見つけるのが難しい程、多くのネットショップが存在する中で、「私のネットショップはココだよ!」と知らせるためにも、まずはネット広告を出稿してみましょう。

 広告の出稿する手始めとして「テストマーケティング」という手法があります。

 まず、テスト的に広告を出してお客さんの反応を見てみるのです。

 一番手っ取り早い手法は、「検索連動型広告」のGoogle Adwords やオーバーチュア(現在は、Yahoo!JAPAN リステイング広告)です。

 これらは、5分程度で手続きが済み、すぐに広告が開始できます。

 それと並行して、メルマガ広告やバナー広告を出していくこともお勧めします。

 その際に、ひとつの広告媒体の予算は、数万円から数十万程度に抑えておき、なるべく複数の広告媒体でテストをする必要があります。

■テストマーケティングのポイント

 1.広告媒体のターゲットとするユーザーリスト

 2.クリックさせるためのキャッチコピーなどのクリエイティブ力

 3.広告用のページで購買させるためのリエイティブ力

 これらのポイントを踏まえて、テストマーケティングを始めてみてください。

 広告を成功するためには、媒体を見ているターゲットの絞り込みが最も比重が高くなります。いくら素晴らしい広告を作っても、最初からターゲット選定を間違っていれば、ほとんど反応が得られませんので注意してください。

by ととし
posted by ととし at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 副業力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。