2010年03月24日

稼ぐ力 心の習慣編 最終話 成功とは与えること

成功にこだわる、目標にこだわる、数字にこだわる...。

いい意味でのこだわりはとても重要で、そうでなければ、何かを達成することはできません。

ですが、成功を意識しすぎ、目標を意識しすぎると、

「自分だけのことにこだわってしまう」という落とし穴に陥ることがあります。

これによって、成功や目標があまりに利己的な欲望になってしまい、周りが見えなくなってしまします。

自分に執着しなければ、目標を達成できない反面、それが度を過ぎると周囲の人さえ、迷惑をかけてしまうのです。

人間は、大企業のトップも、一国の首相や大統領でさえ、多くの人の助けを受けながら生きています。

世の中で他人の助けを受けずに生きている人は、一人もいません。

■与えることからすべてが始まる

「成功とは与えること」という言葉があります。

与えることからすべてが始まります。

私利私欲をむき出しにしても、一時的にはやっていけますが、絶対に長続きはしません。

自分一人だけの力で成功した人は、誰もいません。

成功のためだけに努力すると、必ず反作用で自分に降りかかってきます。

それは形を変えてやってきますので、気づかない場合も多くあります。

ぜひ、相手に何かを与えられるように行動して下さい。

そうすれば、成功や目標到達は、ずいぶんと早く手にすることができるでしょう。

心の習慣編は、最終話とさせて頂きます。

長い間、ご拝読ありがとうございました。

↓気に入ったらポチッと押してください。by ととし

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
posted by ととし at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稼ぐ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

稼ぐ力 心の習慣編 第十一話 一人勝ちするスキマ会社のヒント

今、あなたの会社の経営が苦しくなっているのは、

「なんとか屋さん」に

しがみついている会社であるということ。


業界のルールとか、業界の常識とか、

お客さんじゃない人が作った

これまでの商売の慣習にとらわれている。


そういう会社は、苦しくなっている。



でも、「なんとか屋さん」を軽々と超えて、

お客様の望んでいることに

フォーカスを当てている会社は、

どんどん伸びているのです。


そのある方は、印刷業を経営されています。

でも、印刷業を超えた

お客様が望むサービスを次々と考え

不況とはまったく無縁。

前年より、さらに業績がアップしているそうです。


たとえば、その会社で、
チラシの印刷の仕事をとりたいと考えます。


でも、お客さんがほんとうに必要なのは

チラシを折り込んだ結果です。


そう、お客さんがなぜ

オリコミチラシをやったほうがいいのか?

その理由を考えるそうです。



そして、その印刷屋さんは

折込屋さんと提携して、

どこにどんな所帯が、何世帯あるか?

そういうデータを、お客さんに提供します。

そして、そのお客さんにとって、

何部どこに折り込めばいいのか?

そういう話しにしていきます。


さらに、どうすれば、

折込チラシの反応率が上がるか?

そういうノウハウも提供するそうです。


そうして、話しを進めていくと

お客さんから、値段の話しは一切でない。

もう、お客さんはやる気マンマンになっているそうです。



つまり、この印刷屋さんは、


脱印刷屋を、しているのです。


「印刷」 × 「オリコミデータ」 × 「反応率アップノウハウ」


そういう掛け算で


印刷屋を超えた存在になっているのです。




これも、スキマづくりです。


自社の本来の生産力に、


お客さんの望む、データやノウハウを掛け合わせていく。


このことで、


価格競争や、ムダな競合を超えて

「選ばれる存在」になっているのです。




自分は、「印刷屋」にすぎない。

そういう思いこみからは

出てこない発想です。


つまり、顧客志向になった結果。

「脱カテゴリ」 = 超スキマ適応して

一人勝ちをしているのです。


「なんとか屋」を超えて

顧客志向になる。


そのために、様々な周辺領域と提携して、

お客様の望むことを実現する。


そうすれば、おのずと選ばれる存在になるのです。


「なんとか屋」にしがみつけば、つくほど、

競争は厳しく、お客様は、奪い合いになります。



でも、その社長のやったことは、

ちょっとした、提携をもちかけて、

ちょっとした、ノウハウを勉強しただけ。


お客様のために、周辺業務を取り込んで

ちょこっと進化したのです。



これは、スキマ化で、

一人勝ちする第一歩なのです。

実は、売れに売れて、不況知らずの

iPhoneや、ユニクロも

同じような、スキマ化を

大規模に、派手にやっているだけです。




まず大切なのは、


お客様を見て、

「なんとか屋」さんを脱しようと

第一歩を踏み出すこと。


ほんの小さな一歩でも

はじめること。

↓気に入ったらポチッと押してください。by ととし

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
posted by ととし at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稼ぐ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

稼ぐ力 心の習慣編 第十話 目標を小分けにしよう

何かを成し遂げたいのであれば、まずは目標を持つことです。

当然、目標がなければ到達地点がわかりません。

最初の第一歩は、明確な目標を持つことから始めます。

目標のない人は目標を決めること、探すことから始めましょう。

この時点で重要なことは、

1.その目標は本当に成し遂げたいものなのか

2.その目標は本当に自分自身が信じられるものなのか

ということです。

数字にせよ、売上にせよ、収入にせよ、

本当に成し遂げたいものでなければ、何の意味もありません。

とにかく自分が追求していけるおのでなければ、ならないのです。

■目標が決まったら...

 まずは、それを実現可能なレベルで細かく分解していきます。

 3年計画のものは、1年1年をどう具体的に行動していくか。

 1年計画のものは、3ヶ月サイクル、30日サイクルでどうするのか。

 さらに1週間で何をするのか。

 最終的には、今日、何をするのかにまで具現化していくのです。

 とにかくこだわるものは、細分化された「小目標」です。

 この1週間でいかに集中するか、この小さな目標に集中しないと、
 大きな目標は成し遂げることはできません。


by ととし
posted by ととし at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稼ぐ力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。