2010年06月06日

アクセス解析力 No.012 TVや新聞などの広告効果を調べよう

TVや新聞などのマスメディアの効果は、ネット広告のように直接計測することは困難です。

ネットの普及が進むまでは、視聴率の調査やアンケートなどの調査によって効果を調べるのが一般的でした。

しかし、今ではネットでも間接的にマスメディアの効果を測ることができるようになりました。

ネットが普及したため、マスメディアでの露出とユーザーの反応が、サイトへのアクセスに反映されるようになってきたためです。

また、マスメディアの広告も、追加情報の提供の場としてネットへ誘導することが多くなってきたということもあります。

また、TVを見ながらネットを検索するといった、ながら視聴といった形態も増えてきていると言われています。

つまり、平常のアクセスに比べて増えたアクセスが、TVや新聞など広告の効果と考えられるわけです。

ただし、今でも視聴率の調査やアンケートなどの抽出調査は有効です。

単純なアクセス解析では、性別、年齢、職業などのユーザーのデモグラフィックス属性などは、ほとんど知ることができないからです。

最近では、めずらしくなりましたが、「○○○で検索」といった、ウェブサイトの検索窓を模したネットへの誘導方法があります。

また、SEOやリスティング広告で、そのキーワードで一番上に検索されるように専用のランディングページを設定するのです。

そうすれば、そのランディングページ経由でやってきた人は、そのメディアの露出によって、キーワードを知って来訪した人であることが明らかになります。

これらは、ダイレクトメールなどのアナログ的な媒体の効果を計測する際に有効な手段です。

雑誌や交通手段などでよく見られるQRコード経由のアクセスを計測するには、この方法がピッタリです。

↓気に入ったらポチッと押してください。by ととし

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
posted by ととし at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセス解析力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。