2010年06月11日

アクセス解析力 No.015 内容を要約して解析結果をレポートしよう

アクセス解析の結果を上司や同僚にアクセス解析としてレポートすることがあると思いますが、皆様は、どのような形式でドキュメントを作成して説明していますか?

一般的には、アクセス解析ツールでトラフィックのサマリーやダイジェストをプリントして報告する場合が、ほとんどだと思います。

少し加工して、パワーポイントなどに貼り付けてドキュメントを作っているかもしれません。

企業や部署ごとに慣れているドキュメントの形式や内容がありますので、何が正解かは、それぞれの状況によって違いますし、逆に数字の羅列が好きな人もいます。

ですから、形式やフォーマットには絶対的に正しいものはありませんが、相手にとってわかりやすい情報の見せ方や自分が伝えたいことが正しくインパクト持って伝えるためのテクニックが必要です。

まず、相手にわかりやすい ⇒ その相手に興味をのあることにそった情報を出すということです。

例えば...

1.社長や部長といったレベルの収支責任を持っている人で
  あれば、ウェブの位置づけを考えてあげる。

2.投資の判断をするために、細かい数字よりも、全体として
  サイトの状況を細かく分析して伝えることです。
  必要な項目として、PVや訪問数の推移、人気のある
  コンテンツ、利用経路などがあると思いますが、ポイントは
  状況を一言で言えるということです。

そこで、弊社がお勧めするアクセス解析ツールをご紹介しましょう。

「ウェブアナリスト」です。
http://www.web-analyst.jp/

1.ホームページの現状がひと目で成果がわかります。
2.売上目標の進捗や月末の予測達成率がグラフでわかります。
3.どの問題をどう解決すべきかの対策がわかります。

一度、下記のURLをクリックして確かめてみてください。
http://www.web-analyst.jp/

操作方法や分析方法の仕方がわからない場合、弊社まで
お問い合わせして頂ければ、親切にお答え致します。

↓気に入ったらポチッと押してください。by ととし

にほんブログ村 IT技術ブログ ITコンサルティングへ
posted by ととし at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセス解析力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。